TOP

変革のトリガーになれるか。

ひとりひとりが活力にあふれ、1+1=∞になるのが組織の理想、経営が目指すところ。
ただ、時として個人に、組織に、経営に、解決しきれない課題がのしかかることもある。

お客様の経営に踏み込み、組織に介入し、ひとりひとりと接触する。
もつれた感情や抵抗感で固く閉ざされていた心の扉が、ほんの少し緩んだとき、
無気力になっていた瞳にほんの少し力が宿ってきたとき、
その組織に再生する力が甦る。

私たちの仕事は、教えることでも、与えることでもない。きっと。
目的に向かうその力を信じて、効果的に寄り添うことなのだろう。

“いい組織”とは何か。
共に問い続ける仲間がほしい。

代表からのメッセージ あかつきが求める人物像

お客様の問題を解決する。
自分のこと以上に誰かのために。誰かが輝く未来のために。
そうしてはじめて自分が輝ける。
この、“自分のこと以上に”は、実は意外と難しい。
自分が満たされることを最優先に考えるなら、この仕事は選ばないほうがいいかもしれない。

でも、難解な問題に挑むとき、それを楽しみたいと思う。
どんな風に解決してやろうか。
こんな問題もついでにクリアしてしまおう。
ここまでやるのは自分たちだけかも。
そんな風に考えれば、難問もワクワクする。

難しい。だから挑戦し甲斐がある。
社労士らしくない。だからちょっと面白い。

あかつきism

社内では、なんだか笑っている時間が長い。
冗談を言い合い、挑戦を楽しみ合う。
ぶつかり合うこともあるけど、弱みもさらけ出して本音で語り合う。
自由で合理的な仕事のしかたを推奨し合い、助け合う。
新しい意義ある何かを生み出せるなら、前例やしがらみは覆せばいい。
同じ結果をもたらすならば、やり方は自由でいい。
伴う責任については、共にしっかり話し合おう。
私たちは尊重し合える個人であると同時に、
共に同じ目標に向かうチームでもあるのだから。

でも、楽な仕事ではないと思う。
ライトな仕事を求めるなら、ここを選ばないほうがいい。

プロフェッショナルを追求する人と
チームを組みたい。

あかつきの仲間たち

ここはあなたに合った職場だろうか。
挑戦し甲斐のある仕事だろうか。

募集要項
facebookTwitterLINE

電話をかける